健康福祉学科:コロナ禍における学内実習

愛情教育を実践する名古屋経営短期大学(KEIEITAN)。

まん延防止等重点措置のなか、受け入れ予定だった施設と連携して、学内実習を行っています。
本日は、個別支援計画の実施日。受け持ち利用者の状況にあわせてそれぞれが立案した計画に沿って、
支援を学生同士で行います!

一つめは、下肢筋力維持と他者との交流を深める目的で行う「蹴ってカーリング」。手作りのパックは何度も
試行錯誤して改良をしたもの。足の筋力が弱くてもできるように大きく工夫してあります!

もう一つは、コメダ珈琲好きだけどコロナで外出できない利用者にたいして、施設内でカフェ気分を味わって
もらう試み。コメダっぽいメニュー表を作成したり、利用者のこのみのお菓子を準備します。
飲み込みにやや障害があるので、大好きなあんこのお菓子を食べやすく工夫することも忘れずに!

学内実習も、施設のご協力のお陰で、充実したものになっています!

愛知県唯一の介護福祉士を養成する短期大学

健康福祉学科では、愛知県唯一の介護福祉士を養成する短期大学として介護福祉の理念と援助技術を備えた「人間力」あふれた人材を育成し、福祉社会の実現に貢献することをめざしています。
さらに「健康」「癒し」「心理」「余暇」の4つのみなさんに興味のある分野を学ぶことができ、プラスαの資格を取得することができます。
健康福祉学科についてもっと詳しく知りたい方は開催のオープンキャンパスに是非お越しください。
お申し込みはこちらから。

健康福祉学科2022.03.09