学校見学会を実施しました!【名古屋福徳日本語学院】

愛情教育を実践する名古屋経営短期大学(KEIEITAN)。今回は「名古屋福徳日本語学院」の皆さんが来校しました。KEIEITNの学びの説明、キャンパス見学を通じて、学校の楽しさ、魅力に触れていただきましたので、その様子をお伝えします。

健康福祉学科の学びを体感


今回は「名古屋福徳日本語学院」の皆さんに健康福祉学科の学びとKEIEITNのキャンパスライフについて体験してもらいました。
<見学会のスケジュール>
・大学紹介ムービー&大学説明
・体験授業「レクリエーション」
・キャンパスツアー&授業見学
・介護のお仕事とは?
・先輩からのメッセージ

体験授業では、最初「介護時に応じた声掛け」について体験しました。コミュニケーションを図ることの大切さ、そして「自立支援」(介護者はできないことのお手伝いをする)について学びました。
次に手話に触れました。日本の民謡「ふるさと」を歌いながら、手話を覚えてもらいました。手話を覚えることで、施設入居者の方々と日々の生活を楽しむ方法を学び、介護福祉の仕事とは何かを感じてもらいました。
短い時間の体験授業でしたが、介護の学びと仕事に触れることができ、学びの多い見学会になったようです。

 

「健康福祉学科では、愛知県唯一の介護福祉士を養成する短期大学として介護福祉の理念と援助技術を備えた「人間力」あふれた人材を育成し、福祉社会の実現に貢献することをめざしています。
さらに「健康・スポーツ」「心理・癒し」の2つのみなさんに興味のある分野を学ぶことができ、プラスαの資格を取得することができます。
健康福祉学科についてもっと詳しく知りたい方は開催のオープンカレッジに是非お越しください。お申し込みはこちらから。

健康福祉学科2022.10.03