健康福祉学科 資生堂の化粧療法を学ぶ

資生堂の化粧療法プログラムを健康福祉学科の2年生が体験しました。
化粧療法プログラムは、資生堂が独自に開発したプログラムで、専門スタッフと一緒に参加者自身が化粧を楽しみながらおこなう教室形式のプログラムです。健康寿命の延伸と介護費削減の効果が期待できることが証明されています。
授業では、資生堂セラピストの方から化粧療法の説明を聞き、学生が80歳代の高齢者という設定で、どのように支援するのかを体験して学びました。高齢者の方々が楽しめるように化粧品や声のかけ方、最後に写真を撮って記念にするなど、療法を学ぶことができました。

健康福祉学科2017.05.17