健康福祉学科 「認知症サポート養成講座」

授業「認知症をしるⅡ」の講義のなかで、国が定める認知症を支援する運動として、「認知症サポート養成講座」を健康福祉学科2年生に受講・実施しました。
本学の管轄地域でもある尾張旭市の地域包括支援センターより、尾張旭市の認知症に対する支援の実態を厚生労働省のデーターを基に、支援全般の活動を教えていただきました。地域で支える医療・福祉・保険制度など、学生にもサポータとしての支援者の学びを実施しました。

(写真は、寸劇「うちのおばあちゃん、認知症かしら」。地域包括支援センターに勤める卒業生も出演してくれています。)

健康福祉学科2017.06.13