資料請求
オープンキャンパス
MENU

Keieitan新入生voice☆医療事務員になるためにKeieitanに進学しました

愛情教育を実践する名古屋経営短期大学(KEIEITAN)。Keieitanには今年も様々な地域から数多くの新入生が入学しました。そんな新入生の声をみなさまにシリーズでお届けします。
今回は、Keieitanの地元にある瀬戸北総合高校から入学した森下あゆなさん(未来キャリア学科/医療事務フィールド)をご紹介します。

患者様に寄り添う医療事務員になりたい

「将来の夢は患者様に寄り添い、幅広く医療に貢献する医療事務員になることです。私が医療事務員をめざしたのは中学生の時の経験からでした。中学3年生の時にある病院で予防接種を受けました。ところが、その直後に具合が悪くなり、倒れてしまって…。その際に真っ先に助けて下さったのが受付の医療事務員の方でした。その頃から、患者様の不安を少しでもなくし、安心してもらえるような医療事務員の姿に憧れを持ったのです」

Keieitanで医療事務に関するたくさんの資格を取得したい

「医療事務の仕事は、医療現場で必要な知識や患者様とのコミユニケーションスキルが必要になります。仕事内容は、電子カルテの管理、薬の処方箋、受付など多岐にわたります。そこで不可欠なのは医療事務の様々な資格です。その中でも診療報酬請求事務能力認定試験の資格を持つことで、一般的な医療事務の資格ではできない事務の仕事も任せてもらえます」「Keieitanは診療報酬請求事務能力認定試験の資格取得ができる県内でも数少ない大学であるということも進学を決めた理由でした」

「医療事務の仕事のやりがいは、患者様に笑顔で接し、不安を少しでもなくし、安心してもらうことです。医師や看護師は、患者様を治療することで役に立ちますが、医療事務員は治療するまでの不安をなくすことで役に立つこともできます」「Keieitanでは、資格はもちろんのこと実践型の授業やインターンシップで多くの経験を積むことができます。将来は、専門知識とコミュニケーションスキルを兼ね備えた医療事務員として、地元の大病院で働きたいです!」

森下さんは未来キャリア学科で学んでいます

Keieitanの未来キャリア学科は、キャリア基礎と専門フィールドの2つのステージからなる豊富なカリキュラムを編成しています。キャリア基礎では、学生一人ひとりが課題を解決する能力、自ら将来のキャリアを考え学修を継続する能力を高めます。専門フィールドの「医療事務」「ビジネス情報」「観光・エアライン」「美容・癒し」「スポーツ」の枠にとらわれない学びや、インターンシップ等の実践型学修を通じてなりたい自分をめざして、社会人に必要なチカラを身につけます。

Keieitanは先生と学生の距離が近い!毎日が楽しくなる大学です。

興味のある方は、是非オープンキャンパスにご参加ください。
予約は「オープンキャンパス申し込みフォーム」から。

未来キャリア学科2019.07.18
併設校リンク
  • 学校法人 菊武学園
  • 名古屋産業大学
  • 名古屋ウェディング&フラワー・ビューティ学院
  • 菊華高等学校
  • 菊武ビジネス専門学校
  • 菊武幼稚園
  • 稲葉保育園